電気設備工事課

電気設備担当 木村 入社6年目

自分でやりたい仕事を、自分が思うままに創れる。そしてとことんやる。

各種トラブルに対応できたときは
自分の成長を感じられます


どんな仕事をしていますか?

「電気をつなぐ」ということは、私たちの生活に欠かせません。電気設備工事の仕事内容は、道路や遊歩道の街灯をはじめ、各家庭や企業、そして商業施設や病院、市役所といった大型公共施設などのさまざまな場所で必要な電気を使えるよう、配線設備を整えることが中心です。

それだけでなく、電力会社から送られる高圧電力を各所で適切に変電したり、防災や通信設備の設置工事、安全や品質管理も行っております。自社スタッフだけで行うような小さな規模ではなく、複数の協力会社さまとコミュニケーションをとりながら力をあわせ、皆様が安心して電気を使える環境をつくりあげていきます。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

この仕事では、決まった工期に合わせて臨機応変に対応するスキルが求められます。各種トラブルに対応できたときは自分の成長を感じられますね。また、新しい工事=新しい内容なので、どの現場でも成長ができるところが、やりがいを感じます。

これから働く方へ一言

さまざまなところで作業を行いますが、同じ現場はふたつとありません。どの現場でも前向きにチャレンジし、どういった知識や経験、技術が求められるのかを考え、そして自ら学ぶチャレンジ精神旺盛な方が向いていると思います。

電気設備担当 ダオ 入社2年目

電気設備担当 ダオ 入社1年目

どんな仕事をしていますか?

今日の私たちの日常生活において、電気は電気照明工場の生産とビジネスにおいて非常に重要で不可欠な役割を果たしています。
それが私のお気に入りの仕事です。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

仕事には細心の注意と正確さが必要です。
したがって、安全に関する基本的な知識を身につける必要があります。
電気作業は、日常生活と生産的労働の重要な要素として今日非常に人気があります。

これから働く方へ一言

熱心で、勤勉で、常に仕事に情熱を注ぎ、愛し、労働安全の要素を完全に満たし、注意深く正確な粘り強さで仕事をする必要があります。

電気設備担当 岩﨑 入社1年目

写真:電気設備担当 岩﨑 入社1年目

どんな仕事をしていますか?

電気設備工事課にて、電気工事士として仕事に従事しています。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

自分の加工したものや作業に関わったものが組付けられていよいよ形になってきたときや、実際に街中で運用され始めたときにやりがいを感じます!

これから働く方へ一言

知識やコツなどが重要になってくることが多い仕事ですが、仕事に対して理解してくると大きな達成感に変わると思うので、一緒に頑張っていきましょう!